So-net無料ブログ作成

大久保被告の弁護人が特別抗告(産経新聞)

 西松建設違法献金事件で公判中の小沢一郎民主党幹事長の元公設第1秘書、大久保隆規被告(48)について、東京地裁(登石郁朗裁判長)が小沢氏の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件を起訴内容に加える訴因変更を認めたことに対し、大久保被告の弁護人は27日、地裁の決定は憲法違反だなどとして、最高裁に特別抗告を申し立てた。

事業仕分け、競輪の還付など廃止判定 「効果ない事業押しつけ」(産経新聞)
両国でも暴力団観戦…初場所で警視庁確認(読売新聞)
子ども・子育て白書を閣議決定 異例の通称変更で「少子化」消える(産経新聞)
対外純資産、最高を更新=世界一堅持、266兆円―昨年末(時事通信)
高齢者対策が課題―結核部会(医療介護CBニュース)

元会長「手段は問わない」と粉飾指示 ニイウスコー初公判(産経新聞)

 東証1部上場だったシステム開発会社「ニイウスコー」(民事再生手続き中)の粉飾決算事件で、証券取引法(現金融商品取引法)違反罪に問われた元会長の末貞郁夫(62)被告=横浜市青葉区=の初公判が19日、横浜地裁(朝山芳史裁判長)で開かれた。末貞被告は起訴内容を認め、「迷惑をかけた」と謝罪した。

 検察側は冒頭陳述で、末貞被告が過大な業績目標を達成するため部下に「数字が足りない、手段は問わない」「監査法人が分からないようにうまくやれよ」などと粉飾を暗に指示したと指摘した。

 起訴状によると、末貞被告は同社元幹部の大村紘一被告(68)=同罪で起訴=と共謀し、17年度と18年度の6月期連結決算について、協力会社を介在させ、商品を伝票上だけで売買したことにする「循環取引」などの手口で架空売り上げを計上。売上高約274億円、経常利益を約136億円水増しした虚偽の有価証券報告書を関東財務局に提出したなどとしている。 

【関連記事】
元IBM営業マンが手を染めた禁断の“赤黒転換”
日本IBMを強制調査 システム会社粉飾関連で監視委
ニイウスコー事件 ワンマン元会長が主導か
粉飾決算容疑でシステム開発会社の元会長ら逮捕
ニイウスコー 680億円粉飾で捜査へ
中国が優等生路線に?

<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
羽根が先勝=囲碁本因坊戦(時事通信)
振り込め詐欺「手渡し型」が横行 神奈川(産経新聞)
最高裁判事に大谷氏(時事通信)
<パロマ中毒事故>対象製品所有者らに注意 消費者庁(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。