So-net無料ブログ作成
検索選択

鳩山首相 志位・共産党委員長と会談 普天間移設問題巡り(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日、共産党の志位和夫委員長と国会内で会談した。米軍普天間飛行場移設問題について志位氏が「移設条件なしの撤去しか解決の道はない」と無条件撤去を求めたのに対し、首相は「難しい局面だ。共産党のようにすっきりした答えはなかなか作れない」と苦悩をにじませた。首相は志位氏が今月末から訪米することを踏まえ「ぜひ米国で(無条件撤去を)主張してきてほしい」とも述べた。

【関連ニュース
鳩山首相:大型連休中に沖縄訪問を検討 実現するかは微妙
高速料金:首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」
党首討論:鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈
普天間問題:鳩山首相「5月末までに五月晴れ」
普天間移設:徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否

「結果的に口止め料」2・7億円報酬で富士通の野副元社長が会見(産経新聞)
元露鵬らの請求棄却=「大麻使用、解雇は当然」−東京地裁(時事通信)
<子ども手当>韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>警察庁で日中情報交換会議(毎日新聞)
専用サポートカウンター設置=足止め客向け−成田空港会社(時事通信)

<党首討論>鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日の党首討論で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「腹案があるのは事実」としながらも内容は明らかにしなかった。前回の党首討論で「腹案」があると語ってから3週間。政府は20日、鹿児島県・徳之島の3町長に平野博文官房長官との会談を打診したが、3町長は会談を拒否するなど既に事態は動き始めている。「5月末決着」の期限が迫る中、ひたすらに「腹案」を隠す首相の姿に、移設問題を巡る政権の混迷ぶりが映し出された。

 「地元よりも、まず米国に理解されるかどうか、水面下でやり取りしないといけない。先方(米国)が理解を示さないなら、(移設先となる)地元に迷惑をかける」

 首相は自民党の谷垣禎一総裁の「そろそろ腹案を明らかにすべきだ」との指摘にこう答え、米国との協議を優先する姿勢を示した。だが、米国は移設先の民意を尊重する意向で、「米国が先か、地元が先か」では、袋小路に入りかねない。

 谷垣氏は「徳之島は案なのか、案ではないのか」と再三迫ったが、首相は「ご容赦願いたい」と明確な言及を避けるしかなかった。

 沖縄県では25日、県内移設反対の県民大会が予定されており、移設先決定に向けたハードルは高まる一方だ。首相は「普天間の危険性の除去が一番大事だ。結果としてそれが普天間返還につながるよう、最大限の努力をする」とし、訓練移転などによる危険性の除去にまずは力点を置く考えを示した。移設先が見つからなかった場合に備え、予防線を張ったとみられる。

 一方で、首相は沖縄に駐留する海兵隊が持つ抑止力に関し「役割は大きい。だから沖縄からあまり遠くまで海兵隊を移すことは物理的に適当ではない」と発言。徳之島など沖縄近隣への移設を検討していることも示唆した。

 首相は今回、「愚直」という言葉を多用した。「私は愚かな総理かもしれない。昨年12月に、エイヤッと(現行案の)辺野古に決めていればどんなに楽だったか」と語り、委員会室にどよめきが広がった。さらに「沖縄の皆さんが辺野古の海の埋め立ては困るという思いを伝えてくれたので、あの選挙で勝利させていただいた。辺野古の海を埋め立ててはならないという沖縄県民の意思だった」と述べた。こう着状況を動かすため、誠意を強調する狙いがあったと見られる。

 守勢は「政治とカネ」の問題にも及んだ。22日に判決が出る元秘書の政治資金規正法違反事件について、公明党の山口那津男代表が国会への資料提出を求めたが、首相は「検察が判断して結果を出しただけに、基本的には必要のないものではないか」と拒否。説明を避ける姿勢が批判を受けるのは必至だ。

 討論終了後、谷垣氏は「(普天間移設が)うまくいかないのは人のせいという印象だ」と強く批判。一方、閣僚の一人は「(県外移設に)あえて挑戦している。首相らしさが出ていた」。社民党の福島瑞穂党首も「本当に共感し、沖縄の負担軽減にこの内閣で全力を挙げたい」と持ち上げたが言葉少なだった。【竹島一登】

【関連ニュース
谷垣総裁:「気迫持って迎えたい」党首討論に決意
社説:党首討論 争点をより明確に示せ
党首討論:普天間巡り熱く 首相「必ず成果を上げる」/谷垣総裁「未決着なら退陣を」
谷垣・自民総裁:背水の党首討論「気迫を持って」
国会:党首討論は31日

<キセル乗車>相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ(産経新聞)
寝屋川の女児死亡 懐に飛び込めず見逃す 市と児相 連携、訪問も (産経新聞)
警察庁長官、北九州市訪れ「工藤会壊滅」指示(読売新聞)
放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続−環境省(時事通信)

中国艦隊通過、問題視せず=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は13日午後の記者会見で、中国海軍の艦艇10隻が沖縄本島と宮古島間の公海上を通過したことについて「今なぜこの時期にという疑念は抱く」としつつ、「公海上を通っているので、なぜ通ったと言うべきことではない」と述べ、問題視しない考えを示した。
 一方で「わが国周辺における外国艦船の動向はしっかりと注視をしなければならない。これからも(同様の事案は)公表していきたい」と語った。 

救援衣料、延べ1万トンに 大阪のNPO法人(産経新聞)
<ネット中傷>接続業者の責任は限定的…最高裁が初判断(毎日新聞)
日韓議連の新会長に民主・渡部氏(産経新聞)
宝塚音楽学校 タカラジェンヌ卵たちが第一歩…入学式(毎日新聞)
中国艦隊10隻が沖縄近海通過=潜水艦2隻、浮上航行−動向を注視・防衛省(時事通信)

<中国潜水艦>2隻が浮上し沖縄沖南下(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は13日午前の閣議後会見で、中国の潜水艦2隻が10日、浮上した状態で7、8隻の艦船とともに沖縄本島と宮古島の間の公海を南下したと発表した。北沢防衛相は「いままでになかった事態。詳細な分析をし、我が国に対する意図があるのかないのかを含めてよく調べて対応を検討したい」と述べた。

 防衛省によると、これらの艦船は4月7〜9日、東シナ海中部海域で艦載ヘリコプターの飛行を行うなどの訓練を実施したという。10日午後8時ごろ、海上自衛隊の護衛艦「ちょうかい」「すずなみ」が、沖縄本島の西南西約140キロの南西諸島付近を東シナ海から太平洋に向けて進む艦船を確認。中国海軍のミサイル駆逐艦2隻や潜水艦2隻など計10隻だったという。11日に沖縄南方海域で洋上補給を行ったことも確認したという。【樋岡徹也、仙石恭】

【関連ニュース
新核軍縮条約:米露が調印 核弾頭7年で1550に
サンデーらいぶらりぃ:斎藤 貴男・評『宇宙開発戦争』
東欧MD計画
トマホーク
私はこう見る:09衆院選/9 外交・安保 森本敏氏/寺島実郎氏

防犯カメラで痴漢半減、埼京線が全列車設置へ(読売新聞)
「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑−名張毒ぶどう酒事件(時事通信)
マンション火災、2歳児死亡=父親と4歳兄も重体−川崎(時事通信)
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)
首相動静(4月9日)(時事通信)

<森林面積>消失率初めて減少 中国、インドで大規模植林(毎日新聞)

 00年代に世界で消失した森林面積は東京都の約24倍の年間520万ヘクタールだったことが、国連食糧農業機関(FAO)のまとめで分かった。90年代の年間830万ヘクタールに比べて大幅に減り、消失率が初めて減少に転じた。中国やインドで大規模な植林が実施され、新興国の環境意識が変化していることを示唆している。

 分析は「世界森林資源アセスメント2010」で報告された。

 それによると、世界の森林は全土地面積の約3割に相当する約40億ヘクタール。90年代には、農地への転換や火災などで毎年1600万ヘクタールのペースで減少していたが、00年代は年間約1300万ヘクタールに鈍化。さらに中国などで植林が進み、森林が年間700万ヘクタール以上増え、増加分を差し引いた00年代の純減少面積は年間520万ヘクタールだった。特に中国やインド、ベトナムでは植林計画が進み、この5年間で年間400万ヘクタールも拡大した。

 一方で、南米やアフリカでは過去最悪の消失率を記録している。FAOの担当者は「中国などの植林計画も20年までに終了する。地球温暖化防止の視点からも森林減少が加速しないよう、各国は森林の保全と管理を強化しなければならない」と警告する。【大場あい】

【関連ニュース
日本野球機構:森林整備支援で北海道の4町などと協定
食料サミット:ローマで始まる 「途上国支援、農業で」 参加国に投資増、求める
プロ野球の森:9イニング3時間、超過分を森林整備に NPB、自治体とCO2取引
魚津のうまい水:“北アルプス”味わって 魚津市、5日発売 /富山
植林:JA職員ら50人がケヤキなど植える−−大津 /熊本

与謝野氏離党 谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」(毎日新聞)
広告にコンタクト価格表示させず、J&J立ち入り(読売新聞)
東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)
9地点で多雨記録更新=気温変動激しい−3月の天候まとめ・気象庁(時事通信)
【アニマル写真館】「カリフォルニアアシカ」京都市動物園(産経新聞)

<訃報>大木英夫さん66歳=「新宿そだち」の歌手(毎日新聞)

 大木英夫さん66歳(おおき・ひでお<本名・佐藤政穐=さとう・まさあき>歌手)25日、膵臓(すいぞう)がんのため死去。葬儀は27日午前10時、東京杉並高円寺南2の2の2のコムウェルホール高円寺。喪主は妻弘子(ひろこ)さん。

 68年に津山洋子さんと「新宿そだち」を、72年には二宮善子さんと「あなたまかせの夜だから」をデュエットで歌った。

福岡・切断遺体、被害女性に交通事故トラブル(読売新聞)
鳩山内閣は「学級崩壊」 自民党やTBSに笑われる(J-CASTニュース)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告−人事院(時事通信)
オウムと信じた初期捜査、唇かむ公安部元幹部(読売新聞)
<新聞協会>78紙が同じ広告を一斉掲載(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。